バリア機能を低下させる?

すっきり、さっぱり顔を洗いたい人やメイクをしている人が、メイク落としを使用した後に、洗顔料で洗うことをダブル洗顔といい、メイクをしている人の多くが、ダブル洗顔をしていると言われています。

 

 

ダブル洗顔のメリットとは、油性の汚れを多く含むファンデーションやチーク、リップなどを浮かせることができるので、メイクやメイクに付着している汚れを取り除くことができ、メイク落としの油分を含めて、石鹸の泡でさっぱり洗い上げることができることです。毛穴の汚れをさっぱりと洗い流すことができるため、ニキビやくすみ、黒ずみなどの原因を取り除くことができます。

 

 

ダブル洗顔のデメリットとは、肌が潤うための皮脂まで奪ってしまうことやこすりすぎによる肌のバリア機能が低下することによって、乾燥しやすい肌になり、シミやしわなど老化を進める可能性が高まることです。

 

 

朝のダブル洗顔は、皮脂が多い人は、メイクの汚れが残っているかどうかにかかわらず、顔がさっぱりとした感触になるので、心地よいのですが、肌の乾燥を進めたり、バリア機能を低下させることになるため、肌には良くありません。

 

 

朝は、必要な皮脂を残しながら、穏やかに洗い上げ、指の滑りが良い洗顔料を優しく使うことがおすすめです。