皮脂バランスと危険な成分

メイクをクレンジング剤を使い落として、その後洗顔料で洗うダブル洗顔でニキビが悪化する原因とは、やはりニキビに刺激を与えることです。

 

 

ニキビは毛穴に皮脂汚れや古い角質が溜まり、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を引き起こしてできるので、触ったり潰したりすることは厳禁です。ですのでクレンジング剤や洗顔の際の摩擦でニキビに刺激を与えてしまうと、炎症がさらに悪化する危険性があります。

 

 

また、クレンジングをするとはメイクの油汚れだけでなく必要な皮脂まで落としてしまい、その後にさらに洗顔をすると肌は乾燥して傷つきやすくなります。

 

 

クレンジング剤や洗顔料に洗浄力が強すぎるものを使うと、肌の表面から水分が蒸発するのを防ぐ役割をしている必要な皮脂まで取り除いてしまうので、肌のバリア機能が低下して水分を 保持できなってしまいます。そのことにより起こる乾燥もニキビを悪化させる大きな原因の一つになります。

 

 

またクレンジング剤にメイク汚れを落とすためのオイルが含まれたものを使用すると、非常に強力な界面活性剤が配合されている場合があり、肌を傷つけニキビを悪化させる原因になります。

 

 

ですので、必要がない場合は肌を休ませて、できるだけダブル洗顔をしないことが大切です。