合成ポリマーや合成界面活性剤

インナードライ肌の為のダブル洗顔法とは、合成ポリマーや合成界面活性剤を使わない洗顔です。

 

 

これらが含まれていないと濃いメイクを落とすことはできません。

 

 

しかし、配合量が多すぎると本来であれば、現役である角質層まで根こそぎ剥がすことになり、肌の老化の原因となります。

 

 

界面活性剤がなければメイクを落とすことはできないため、メイクをしない日であれば洗顔だけで十分ですが、メイクを行った場合には、クレンジングも洗顔も行うことになります。

 

 

クレンジングや洗顔では、時間をかけたり、必要以上に力を加えてしまうと角質や皮下組織が壊れ、バリア機能に傷をつけることになります。

 

 

そのため、こすらずに短時間で済ませるようにします。

 

 

クレンジングには、拭きとりタイプやオイルタイプは控えるようにします。

 

 

洗浄力が強い半面、保湿成分や皮脂まで取り除いてしまう傾向があります。
拭きとりタイプは、摩擦により肌が傷つくことがあり、オイルタイプは、メイクとなじませるための成分が肌への刺激となることがあります。

 

 

クリームタイプは、肌に優しいですが、ティッシュで拭き取る際に摩擦を起こしやすいため、注意します。洗顔もおこなうため、クレンジング剤は、あまり強さにこだわらずに肌に優しく、洗い流せるタイプを選ぶようにします。

 

 

洗顔では、余分な成分が配合されていない洗顔石けんを使うようにします。
余分な成分が肌に残ることで肌への負担になることがあります。

 

 

インナードライは保湿が気になりますが、洗顔後に保湿で十分です。